テレネック
2022年08月19日(金)
 テレネック

【速報】オセロ中島.「私も同様の状態にあった」千住ひかるがMr.サンデーで告白!

バラエティ
ドラマ
アニメ
報道
新着ニュース30件






























[PR]

【速報】オセロ中島.「私も同様の状態にあった」千住ひかるがMr.サンデーで告白!

このエントリーをはてなブックマークに追加
自称・霊能者と同居を余儀なくされた女性
と、題して、26日夜のMr.サンデーに「千住ひかる」と言う女性が出演した。自身も占い師という事だ。

千住ひかる
(フジテレビ/Mr.サンデーTOP)

中島知子と同居している霊能者と、なんと夫も一緒に5か月間同居していたのだという。現在は完全に離れることができたが、残ったのは「借金」と自分自身のフラッシュバックという事だ。

2005年の3月に出会って2006年4月に同居が始まり、7月に霊能者が出ていくまでの奇妙な生活が始まった。そのころこの霊能者は4つの家に住んでいるとか、普段は見てもらうのが高額なのに一般の方を安く見てもらう事ができると聞いて占いをお願いしたという。

まず夫が見てもらって感心したことと自分自身もあてられたこと。その時期に「中島知子」も見かけたので、ああ、普段はそういう人をみているんだと余計に信じたという。
どんな指示を受けていたか
すごくはにかみ屋で大和撫子的な人でした。ミッションと名付けて初めは電話で連絡をしてきては指示する、「乾布摩擦をするように」とか、ついに1日に食べ物だけで30~40種食べるように言われた。

そしてついに「お宅にいっていいですか」と訪問してきては2~3時間居座る、それを嫌そうにすると、夫は「神が家に来るは一生に2~3月しかない」と言われ、買い物も「ミッション」として出されて霊能者の個人的な物も購入させされる。

夫と3人で旅行に行った映像も流された。楽しそうにしている千住ひかると霊能者が夫により撮影されている。

そんななか、多いとき週に3~4回中島知子は来ていた。

自分の携帯もすべて霊能者が管理、テレビも見ず外部からの連絡はシャットアウトされ、じわりじわりと夫とも断絶させられた。

自分自身のストーカーについて相談したら「ピンクのジャージ」を着て魚肉ソーセージを2本持ってひざをたたきながら走れとか、欽ちゃん走りで走れとか今になれば変なことをしていた。中島さんがセロハンテープを顔に貼っていたとしても理解できるという。
離れる気になったきっかけ
1日10万も使ったことがあるので、夫がこれからは借金になると言うと、個人の借金などはどうでもいいとか言いだし、このころからおかしいと思う、でもその自分がおかしいのかな?とも思う。

今まで眠るときに「マッサージ」などさせられ、睡眠時間がなく思考能力が落ちていたが、ある時から霊能者が夜にビデオを見ることが多くなり、睡眠がとれて頭が正常になってきた気がした。

一番大きなきっかけは、清酒を飲みなさいと言われたという霊能者が酔って大きな声で下品なことをいった時「こんなことを神が言うだろうか」と思い、一日時間をくれと頼んだら、泣き出したり、怒り出したりした。

挙句の果てに「私の事を全部受け入れてくれる人が欲しかっただけなのに」と言われ「神のミッション」でなかったのかと目が覚めた。今は残った借金、フラッシュバックもあると言う。

ただこの人はそう非難もせず、一緒にいて楽しかった面もある
と言うのがなんだろう。今気がかりなのは中島知子さんで、霊能者の手帳に中島知子とほか、数人の名前を見たので、一般の方には連絡した。気を付けてねという事だが中島さんは有名人なので連絡先もわからない、聞いてくれるかもわからないのでしていないと言う。

生出演でなく一問一答ができていないので、真偽はどうかわからない、番組もさらりと流したという感じだ。(以上、Mr.サンデーより)

[七瀬]

外部リンク

Mr.サンデー
http://www.fujitv.co.jp/mrsunday/index.html


Amazon.co.jp : 千住ひかる に関連する商品
  • 脳梗塞のテレ東大橋アナ、復帰時期未定、「ゆっくり休養して」(2月7日)
  • トリンドル玲奈増殖中、「トットリンドル王女」で東京に!(7月4日)
  • 京都地検の女8 7月5日スタート、名取裕子の当たり役に。(7月3日)
  • 【大阪市不祥事】これはきつい、心当たりのない最終催告書(7月2日)
  • 究極の職場放棄、名古屋市バス運転手、これはどのような刑事罰になるのか?(7月2日)
  • [PR]
    Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    行列のできる極うまつけ麺「津気屋」紹介プログラム
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ